2017年11月18日号

本メルマガでは、医療介護向け商品・サービスの最新情報、人気商品アクセスランキング、セミナー・イベント情報など、医業経営者様のお役立ち情報を満載してお届けしています。メディカタログメールマガジンは、HTMLでお送りしています。
画像の表示ができない方は、こちらからご覧ください。

<ニュース>クリニックの「複合機」の約3割がブラザー製

2016年10月1日~2016年12月末の期間でエグゼメディカル社
メディキャストが合同で主要都市のクリニックに行った
「クリニックにおけるプリンター環境市場調査」によると、
「複合機※」の保有について、
複合機を保有しているクリニックは 全体の81%(未使用は19%)で、
そのうち29%をブラザー製の複合機が占めています。

※複合機…プリンター、コピー、FAX、 スキャナーなどを
オールインワンで搭載している機器

ブラザー_グラフ

 ブラザーが選ばれている理由
・狭い受付に置けるコンパクト設計
・低コストで導入できるラインアップ
・PC+FAX機能で不要な印刷が削減できる

《ブラザー製品についてのお問い合わせ先》
資料請求、お問い合わせ先は下記からご確認ください。

複合機、レーザープリンター、インクジェットプリンター、
スキャナー、ラベルプリンター、モバイルプリンターなどの
活用例・導入事例もご紹介しております。

ブラザー医療業界向けソリューション『医療NAVI』

 

<注目商品>診察券をかざすだけでクレジットカード決済!事務の効率化しませんか?
919
・クレジットカード決済を導入したいがやり方がわからない
・未収金発生を防ぎたい
・クレジットカード利用希望患者様のご希望にお応えしたい
・財布忘れや手持ち金額のない患者様に対してもその場で精算できるようにしたい
・クレジットカードを導入しているが事務処理の負担増が心配

上記のお悩みのうち、ひとつでも当てはまりましたら、
診察券をかざすだけのクレジットカード決済サービス「SmartCheckR」を
ご検討されてはいかがでしょうか?

資料請求ページ


■商品のポイント・診察券をかざすだけでクレジットカード決済可能!
・レセコンから会計情報を専用端末に連携。精算金額の二度打ちの必要なし!
・売上伝票へのサインは必要なし。伝票管理も不要!
・クレジットカード決済処理が完了すれば患者様への督促不要
・現金の手持ちがない患者様にクレジットカード決済提案可能に
・面倒なカード会社交渉や手続きはソニーペイメントサービス社が代行
・VisaMaster等主要国際ブランドを利用可能
さらに
・再来受付も診察券をかざすだけ!
決済と受付両面から事務効率化を図れます

詳細な内容はこちらよりご確認ください。


問い合わせは上記リンクからもしくは下記へご連絡ください
 
ソニーペイメントサービス株式会社 事業開発部
 TEL 03-6408-8212
 (メディキャストメルマガを見た、とお伝えいただけるとスムーズです)
【セミナー】13対1、15対1 病院徹底解剖!
IMG_6080
一般病棟を有する病院は大再編時代に突入しています。
一般病棟に関する話題は、専ら7対1病棟の病床数適正化ですが、
2018年度同時改定では13対1、15対1病棟の議論の行方にも
注視しておく必要があります。

今回は、「コンサルティングがセミナーで受けられるシリーズ」の
第1弾として、なかなかセミナー等で取り上げられることが少ない、
「13対1、15対1病院」に特化したセミナーを企画しました。

コンサルティングノウハウを詰め込んだ
非常にお得なセミナーとなっておりますので、
是非、ご参加ください。
日 時 2017年04月27日 (木) 14:00~17:00
※本会場:東京、サテライト会場:大阪、福岡
参加費 本会場:35,000円(税込)
サテライト会場:30,000円(税込)
内 容
1)13対1、15対1病院を取り巻く環境を正しく理解する

 ・産業再編時代に入ったヘルスケア業界の行方
 ・2016年度改定は、13対1、15対1病院に何をもたらしたか
 ・13対1、15対1病院の2018年度改定の論点は何か

2)13対1、15対1病院を徹底解剖

 ・病床機能報告制度のデータから何を読み解くか
 ・13対1、15対1、データから見えてくる進む2極化の壁
 ・経営の差は、“経営資源の差”と“マネジメント力の差”?

3)13対1、15対1病院の経営課題の整理と戦い方

 ・コストをかけずにすぐできる生産性の改善
 ・機能転換で失敗しないための押さえ所
 ・13対1、15対1病院が考えておくべき新たな事業展開への道
※会場
■本会場(講師が話す会場で受講、個別相談もセミナー後に実施)
日本経営セミナールーム 東京
東京都品川区東品川2-2-20 天王洲郵船ビル 22F

■サテライト会場(TV会議システムを利用し、遠隔受講)
1)日本経営セミナールーム 大阪
大阪府豊中市寺内2-4-1 緑地駅ビル6F
2)日本経営セミナールーム 福岡
福岡市博多区博多駅東1-11-5 アサコ博多ビル7F

セミナー詳細・申込はこちらから

【セミナー】 A I×医療 『IBM Watson』が医療に及ぼす影響
IMG_6073
医療における人工知能(以後AI)の可能性は未来投資会議や
今年1月に厚労省で行われたAI活用推進懇談会でも活発な議論が
行われ、医療分野での活用が期待されています。

AIの活用が進むといったい何ができ、何が変わるのか・・・

今回のセミナーでは、医療分野でのAI活用の可能性を知り、
理解しておくことで今後の変化を予想し、新たな経営の柱を
築くきっかけとしていただけるよう、医療におけるAIとの
関わり方について事例を交えて解説します。

ぜひこの機会を学びの場としてご活用ください。
日 時 【東京】2017年03月29日 (水) 15:00~16:30
参加費  5,000円(税込)
内 容
1.AI(人工知能)の概要
・そもそもAIとはなにか 
・すでにAIを活用している分野とは

2.IBM Watsonとは?
・ IBM Watsonができること
・様々な個性を持ったIBM Watson

3.医療業界でAIを活用するために
・AIの活用が想定される領域とメリット
・AIの活用に向けた課題

4.米国におけるIBM Watsonの活用事例紹介
・がん患者の治療にとって重要なポイントを整理し治療方法を提案

5.日本におけるIBM Watsonの活用事例紹介
・60代女性の白血病の病名を10分で見抜く!

6.今後のAI活用推進はどうなる

セミナー詳細・申込はこちらから

アクセスランキング(病院向け電子カルテ)

今週は、病院向け電子カルテのアクセスランキングトップ3をご紹介します。

1

電子カルテシステムER/
医療・介護連携サービスMeLL+

株式会社ワイズマン

2

医事会計システム
Medical Leader – Account Megumi~めぐみ~

株式会社ナイス

3

カルテビューア
(眼科向け)

株式会社京葉電子工業
 

記事の内容や、広告掲載に関するお問い合わせ

発行:日本医師会ORCA管理機構株式会社 メディカタログ担当
〒113-0021 東京都文京区本駒込6-1-21 コロナ社第3ビル 6F
        TEL:03(5981)9681    FAX:03(5981)9682  info@mcat.orcamo.jp

配信停止はこちら

  ※本メールマガジンの記事を複製、転載することを禁じます。著作権はメディカタログに帰属します。
Copyright, 2017 medi catalog