メディカタログ商品検索

株式会社じほう

【書籍】臨床検査専門医が教える 異常値の読み方が身につく本

全医療者向け。疾患の鑑別、薬の効果・副作用の判断、患者アセスメントの質が上がる


商品資料

現在、提供中の資料はありません。

商品情報

 

 

 ◆専門医だから教えられる検査値の読み方、異常値・パニック値の判断のコツ◆

 「ALTが高いから肝臓が悪そう」「BUNが高いから腎障害」…そんな通り一遍の見かたをしていませんか? 現場で必要なのは、複数の検査値を関連づけてとらえ、異常値のメカニズムから疾患を推測し、鑑別のためさらに必要な検査を考える、といった総合的な“検査力”です。
本書はそうした検査値の読み方、異常値・パニック値の判断のコツを、臨床検査の専門医がわかりやすく解説。検査項目を列挙して説明する従来型の本とは違った、臨床直結型の読み方が身につきます。

 

ご購入はこちら

じほう

Amazon.co.jp

楽天ブックス

セブンネットショッピング

紀伊国屋書店

商品の主な機能

編著:村上 純子/著
判型:A5判
発行日:2018年2月
ページ:280頁
定価(税込):¥3,672

 

・目次

総論 検査に関する基本的な知識
Lesson1 尿・血算・生化学検査の基本を理解する
Lesson2 血算のパニック値とそのメカニズムとは
Lesson3 肝機能を正しく評価するためのアプローチ
Lesson4 メカニズムから考える凝固・線溶系
Lesson5 “腎臓からの手紙”尿検査に強くなる
Lesson6 一歩踏み込んで考える血糖とHbA1c
補講 これだけは知っておきたい血ガスの読み方

検査値の推移をみるシリーズ
Lesson7 白血球・CRPの陥りがちなピットフォール
Lesson8 カンファレンス実況中継① 若年女性の異常値をどう捉えるか
Lesson9 短時間で検査値が急変化…そのとき何を考える?

小児・高齢者シリーズ
Lesson10 小児の検査値の読み方はじめの一歩
Lesson11 高齢者の高蛋白血症ときたら外せない鑑別は?
Lesson12 何気ない貧血を見過ごすと痛い目に!
Lesson13 カンファレンス実況中継② 再び、若年女性の異常値をどう捉えるか
Lesson14 腫瘍マーカーの陥りがちなピットフォール

臨床推論能力を鍛えるシリーズ
Lesson 15 貧血のタイプをどう絞り込むか
Lesson 16 病態のキモはどこ? データの変化を読み解こう
Lesson 17 救急受診のケース…速やかにBestの決断を!

導入事例

出展企業様にお問い合わせください。

この出展者の他の商品
この出展者のウェブサイト
株式会社じほう
  • 資料請求BOX
  • まだ何も入っていません。
  • お気に入り
  • まだ何も入っていません。