メディカタログ商品検索

アイニックス株式会社

三点認証システム PS-Check

医療行為において、対象者(患者)、実施者(医師・看護師)、対象物(薬剤、輸液等)の三点を実施前に確認することは、医療過誤防止に有効です。PS-Check(PatientSafty-Check)は、バーコードにより認証精度を高めると共に、実施履歴を保存することができます。


商品資料

現在、提供中の資料はありません。

商品情報

特長

◆医療過誤防止

患者と薬剤・輸液をバーコードで認証することにより。医療過誤を防止できます。

◆投薬履歴管理

患者、看護士、薬剤・輸液の実施履歴を保存し、管理することができます。

◆看護端末 Androidモバイル端末

モバイル端末 EF400を標準として、コンパクトな4インチ画面で2次元コードの読取可能な高性能な機能を搭載

また、キーボード付きなどAndroid端末への対応

◆オーダシステム、電子カルテシステム連携

オーダシステムから指示をインポートし、実施履歴を電子カルテシステムにエクスポートできます。
※上位システムとの連携が導入前提条件になっております。

◆カスタマイズ

柔軟なカスタマイズ対応を実施します。豊富な導入経験を有し、院内物流含め、システムのカスタマイズ対応をいたします。
しかも、1台づつインストールする必要がなく、アプリケーションをダウンロードするだけで更新できます。

◆簡単にリストバンドを発行(オプション) 

汎用レーザプリンタで印刷できるLaserBand、サーマルプリンタZ-BAND Fusionまたは、Z-BAND Ultarsoftが使用できます。
リストバンド印刷ソフトカスタマイズや汎用ソフト「かんたんリストバンド」との連携で実現します。

商品の主な機能

運用例

 

1.電子カルテ、オーダーエントリーシステムとのデータ連携

患者、看護師、薬剤・輸液をバーコードで認証するため、事前に患者リストバンド・看護師IDカード・薬剤・輸液のバーコードを準備します。患者リストバンドは、SaftyPlusを使用して印刷します。

 

2.指示受付、薬剤準備

医師の処方(オーダ)を事前確認し、薬剤・輸液などの準備を行った後に、指示受付の実施を行います。これで三点認証を行う準備が整います。

 

3.患者と看護師の認証

対象の患者と、処置を行う担当の看護師の認証を行います。

 

4.処置内容の確認と準備

一覧から内容を選択すると処置内容が確認できますので、処置準備を行います。

 

5.認証実施

処置を行う前に、対象患者と薬剤・輸液などの認証を行います。 認証エラー時は、実施登録を行うことが出来ません。認証がOKの場合は実施登録を行います。 実施内容は開始・終了・中止の情報を登録することが出来ます。

 

6.リストバンド印刷(オプション)

患者、看護師、薬剤・輸液をバーコードで認証するため、事前に患者リストバンド・看護師IDカード・薬剤・輸液のバーコードを準備します。患者リストバンドは、SaftyPlusを使用して印刷します。

 

システム構成

三点認証ソフトウェアは、PS-Checkシステムと認証用モバイル端末で構成されています。リストバンドプリンタは、東芝テックの感熱式バーコードプリンタB-EV4Dを使用しています。また、認証用PDAは、ブルーバード製のEF400、ゼブラテクノロジーズのTC20などを使用します。

仕様

パソコン機能  
患者管理 ・病床患者管理機能
・患者リストバンド印刷機能(オプション)
指示受付、患者記録 ・上位システム(電子カルテ)とのデータ連携
・オーダー指示受付、実施履歴管理
看護端末機能  
患者管理 ・患者・スタッフ認証機能
・担当患者一覧表示機能
実施記録 ・オーダ一覧表示機能
・オーダ実施記録機能
認証 ・3点認証(患者・看護師・薬剤)
・認証条件設定機能
価格帯
基本パッケージ機能 500万円(税抜き) モバイル端末は構成によりご提案します。 標準端末 EF400
対応地域
◆対応地域  日本国内対応しております。 ◆保守料  都度御見積になっております。 ◆サポート体制  東京本社、名古屋、大阪の拠点、web対応など利用方法など対応しております。
導入事例

出展企業様にお問い合わせください。

この出展者の他の商品
この出展者のウェブサイト
アイニックス株式会社
  • 資料請求BOX
  • まだ何も入っていません。
  • お気に入り
  • まだ何も入っていません。