メディカタログ商品検索


クリックすると動画が再生します
https://www.youtube.com/watch?v=i_gPnLM4KIo&feature=youtu.be

株式会社メディアコンテンツファクトリー

【医療専門デジタルサイネージ/メディキャスター】Medicaster for CLINIC

待合室のテレビで医療・健康情報を発信する院内広報テレビ。増患、患者教育、待ち時間対策に。


商品資料

メディキャスター(3184キロバイト)

※資料をダウンロードするとログイン情報(個人情報)が出展者様に送られます。

商品情報

 医療専門デジタルサイネージ メディキャスターとは

―待合室のテレビで来院患者と医療機関をつなぐ「院内広報テレビ」

 
 

医療機関にとって、来院してもらうことも重要ですが、それ以上に重要なのが、

「来院患者にいかに自院のリピーターになってもらうか」です。

メディキャスターは、待合室で情報発信することで自院を知ってもらい、

気軽に相談してもらえる医療機関へと変革する院内情報表示システムです。

 
 
※デジタルサイネージとは:駅やショッピングセンターなどの案内表示や広告表示システムに代表されるように、急速に広がっているサービスで、情報の更新が容易で、動画などのダイナミックな情報提供が可能な訴求効果の高い媒体です。

 

 

         

 

 

 

 

ご存知ですか? 待合室のテレビは最高の広報媒体

 増患(検査/治療の増加)のために必要なのは、貴院が「その治療・検査をやっていること」を啓発して、多くの人に知ってもらうことです。メディキャスターは「いちばん身近な」待合室の患者さんに向けて効果的に情報を発信し、行動を促します。

 

導入メリット① 来院患者・口コミの増加

様々な検証データと医師へのヒアリングの結果から、患者さんのアクションにより、治療・検査数が増加します。

 

 

増患効果の実績

内視鏡検査件数が50%以上増加

メディキャスターで「経鼻内視鏡検査の啓発コンテンツ」を放映したところ、昨年度・一昨年度比で50%以上の増加を示しました。

2009年10月1日~2012年3月31日 町田エールクリニック調べ

測定方法

<放映について>啓発コンテンツ(約3分)を30分おきに放映

<放映期間>2011年10月1日~2012年3月31日(6ヶ月)

<測定期間>放映中6ヶ月と同期間の昨年度・一昨年度の数値

<測定方法>電子カルテよりデータ抽出

 

 導入メリット② 自院の広報

メディキャスターは院内に掲示しているポスター、リーフレット等とは視聴率がまったく異なり、ほぼすべての方に見ていただけます。

興味を持って見てもらえるのも特徴です。

 

導入メリット③ 説明時間の短縮・貼り紙軽減

◆定期更新の医療・健康番組が豊富。自由に選んで放映可能

メディキャスターには、週替り等で定期更新される医療・健康番組を多数ご用意しております。

貴院の診療科目や特徴にあった番組を選んでいただき、患者さんのタメになる情報提供が可能です。

 

◆脱・貼り紙だらけの待合室

いくら掃除が行き届いていても、ポスターや貼り紙が所狭しと貼られていてはなんとなく汚く見えてしまうもの。きれいな待合室を維持するのにもメディキャスターは活躍します。貼り紙は必要最低限なものだけ残し、あとはメディキャスターを活用することで、本当に伝えたい情報が患者さんに届きます。

  くわしくはこちら 

 

 

 

 

 

 

商品の主な機能

価格帯
初期費用:\448,000 月額費用:\13,000~
対応地域
全国
導入事例
この出展者の他の商品
この出展者のウェブサイト
株式会社メディアコンテンツファクトリー
  • 資料請求BOX
  • まだ何も入っていません。
  • お気に入り
  • まだ何も入っていません。